Home    Sitemap    Contact 
 
学会について
お知らせ
行事案内
学会活動
学会誌・出版物
学術賞
リンク
お問い合わせ
会員専用ページ


 
   分光研究掲載記事の電子アーカイブ化に伴う著作権に関するお願い
2009年8月15日
編集委員会委員長 服部利明

 分光研究」は,分光学を専門的に扱う我が国唯一の学術雑誌として,1951年の創刊以来,数多くの重要な論文・解説記事・諸報告等を掲載してまいりました.これらの掲載記事は本学会員のみならず,分光学に携わるすべての研究者・技術者・学生達にとっての貴重な財産です.近年の情報通信技術の進歩により,これらの記事を図書館に所蔵しておくだけではなく,電子データとすることにより,誰もがインターネットを通してアクセスできるようにすることが可能となってきています.
 分光研究編集委員会では,このような最近の情勢に鑑み,「分光研究」のオンライン化に関して,検討してきましたが,このたび,過去の掲載記事の電子アーカイブ化のために,独立行政法人科学技術振興機構(JST)が運用するJournal@rchive(ジャーナルアーカイブ)に応募することといたしました.電子アーカイブ化とは,誌面を電子データ化し,Journal@rchiveのインターネットウェブサイト上で公開することをいいます.創刊号以来のほとんどすべての掲載記事をアーカイブ化することが可能です.
 アーカイブされる対象誌として選定されるかどうかは,まだ決まっておりません.また,選定された場合にどの記事をアーカイブ化するかなどの詳細は,一切決定していません.しかし,選定された場合に備えて,会員の皆様,またこれまでのすべての記事の著者の方々に,著作権に関するお願いをいたします.
 現在は投稿規定に,すべての投稿記事の著作権が本学会に帰属することが定められております.しかしそれが明記されるようになったのは,48巻(1999年)からであり,47巻(1998年)以前に掲載された記事については,著作権の本学会への委譲が明確にされていません.本誌の電子アーカイブ化にあたっては,著作権法により,掲載された記事の著者から,本学会が,その著作権(複製権,公衆送信権を含む)の許諾又は譲渡を受けることが必要です.本来ならば,著者の皆様お一人ずつに連絡を取り,著作権譲渡の手続きをおこなうべきですが,それは非常に困難であり,大変な手間と費用がかかりますので,それに代えて,本誌紙面およびウェブにて,以下のとおりお願いを申し上げます.
 すべての記事の著者の方々には,創刊号以来のすべての掲載原稿について,著作権を本学会に委譲していただくことをお願いいたします.万一,この件に関しましてご了承いただけない場合,あるいはご不審の点がある場合は,2009年12月末までに編集委員会または学会事務局までお申し出下さい.期限までにお申し出がない場合は,これらの原稿の著作権は,日本分光学会に所属するものとさせていただきます.
 また,「分光研究」の電子アーカイブ化やオンラインジャーナル化につきましてご意見がございましたら,合わせてお知らせいただければと存じます.
Copyright