logo21

()日本分光学会 専門部会

近赤外分光部会


 

設立趣旨

 近赤外分光法は、大きな透過性を持つ近赤外光による非破壊・非侵襲の分析手法として食品、農業、製薬、医学、材料などの様々な分野で広く応用されています。そして、実用分光法としての近赤外分光法を扱う講習会や学会等が数多く開催されています。一方、近赤外分光法を分子分光法の一種ととらえて原理解明やスペクトル解読を目指した研究や、より高度な解析法開発や新奇応用分野開発の基礎とするために膨大な応用例を分野横断して体系的に整理することなどは、必ずしも十分に行なわれていません。本部会では、シンポジウム等を通じて近赤外分光法の原理、測定手法、スペクトル解析手法、応用事例の体系的解析などに関する基礎的な情報を提供し、基礎的な面から近赤外分光法の発展に貢献することを目指します。

 

行事案内


(社)日本分光学会 第11回 近赤外分光部会シンポジウム
近赤外先端機器開発と医・食・住との関わり

2016125日(月)10:20-16:20 (開場は9:50)
名古屋市立大学 桜山キャンパス (アクセス案内

(名古屋市瑞穂区瑞穂町川澄1
  地下鉄桜通線「桜山」駅下車3番出口よりすぐ)

  詳細はこちら

お問い合わせ・参加申し込み:
  片山詔久 (名古屋市立大学大学院システム自然科学研究科)   
  TEL&FAX052-872-5853
  E-mail: nory[]nsc.nagoya-cu.ac.jp []@に置き換え)

 

 

終了した行事

シンポジウム

第1回シンポジウム −近赤外分光システム最前線−
 (名古屋市工業技術研究所) 2006130
第2回シンポジウム −基礎研究最前線−
 (東京大学 化学本館講堂) 2007121
第3回シンポジウム −近赤外スペクトルをいかに解析するか−
 (関西学院大学 梅田キャンパス) 2008121
第4回シンポジウム −中部から発信される近赤外分光研究−
 (名古屋大学 野依記念学術交流館) 2009130
第5回シンポジウム −近赤外分光による食品の分析と評価−安全・安心のために−
 (学習院大学 創立百周年記念会館 会議室) 2010128
第6回シンポジウム
日本分光学会 近赤外分光部会・赤外ラマン分光部会 合同シンポジウム
−赤外・近赤外分光法により探る凝縮相・表面・バイオプロセス−

 (広島市立大学 講堂小ホール) 2011128
第7回シンポジウム −近赤外分光法の医学・製薬分野への応用−
(北とぴあ 飛鳥ホール)  2012123
第8回シンポジウム −近赤外分光法の次の10年を考える−
(東京都府中市府中町1-1-1) 201212 月21
第10回シンポジウム −近赤外分光法の次の10年を考える−
(東京都府中市府中町1-1-1) 20151 月26

 

セミナー

第44回夏期セミナー
 (幕張メッセ) 200895
第46回夏期セミナー

 (幕張メッセ) 201092
第47回夏期セミナー
 (幕張メッセ) 201198
第49回夏期セミナー
 (幕張メッセ) 201394
第51回夏期セミナー
 (幕張メッセ) 201594

 

部会幹事

部会長:
 宮沢 光博 (農業生物資源研究所)
副部会長:
 森田 成昭 (大阪電気通信大学)
会計:
 高柳 正夫 (東京農工大学)
幹事:
 片山 詔久 (名古屋市立大学)
 土川 覚 (名古屋大学)
 竹内 雅人 (大阪府立大学)
 池羽田 晶文 (食品総合研究所)
 森澤 勇介 (近畿大学)
 服部 祐介 (武蔵野大学)
 大崎 一男 (ブルカー・オプティクス(株))
 朴 善姫 ((株)相馬光学)

 

代表連絡先

  宮澤 光博
  独立行政法人 農業生物資源研究所
  〒305-0035 茨城県つくば市大わし1-2
  Tel/Fax 029-838-6213
  E-mail: miyazawa[]affrc.go.jp[]@に置き換え)

 

リンク

社団法人 日本分光学会
近赤外研究会
Asian NIR consortium
The International Council for NIRS
17th International Conference on Near Infrared Spectroscopy (NIR2015) Foz do Iguassu - Brazil
5th Asian NIR Symposium (ANS2016) Kagoshima - Japan
18th International Conference on Near Infrared Spectroscopy (NIR2017) Copenhagen - Denmark

 


日本分光学会TOP 専門 部会リンクへ