第33回先端光量子科学アライアンスセミナー

「光周波数コムの技術の新展開」

主催 先端光量子科学アライアンス
慶應義塾大学先導研究所「先端光波制御研究センター」
共催 レーザー学会
日本分光学会
日時 2017年3月3日(金) 10:00〜17:00
会場 慶應義塾大学日吉キャンパス 来往舎 中会議室
https://www.keio.ac.jp/ja/maps/hiyoshi.html
参加費 無料(申し込み不要)
定員 54名
開催趣旨 光周波数コム技術は周波数基準光源,超精密距離計測や高精度分光応用が期待されている.固体レーザやファイバーレーザを用いて,さらなる周波数確度の向上を目指して国内外で研究が進んでいる.こうした,光周波数コム技術の深化について最新の成果について関連研究者に報告いただく.また,ファイバレーザやマイクロ共振器等の新規デバイスを用いた新規コム光源の多様化や,デュアルコム等の新たな技術についても,多様な観点から,光周波数コム技術の最新の展開について,関連研究者にご報告いただく.
プログラム
  • 10:00〜10:10シンポジウム開催にあたって
    佐々田博之
  • 10:10〜10:40「光コムによる超精密光波制御の多次元応用展開」
    美濃島薫(電通大)
  • 10:40〜11:10「光格子時計が実現する高精度周波数計測とその実用化に向けて」
    高本将男(理研)
  • 11:10〜11:40「光周波数コムによる周波数合成の進展」
    大久保章(産総研)
  • 11:40〜12:00「中赤外精密分子分光への光コムの応用」(一般講演)
    奥田祥子(慶應)
  • 12:00〜13:00昼食休み
  • 13:00〜13:30「デュアルコム分子分光法」
    井手口拓郎(東大)
  • 13:30〜14:00「デュアルコム分光による圧力幅のオルト・パラ依存性の発見」
    佐々田博之(慶應)
  • 14:00〜14:30「光周波数コムの応用技術と製品化」
    石橋爾子(ネオアーク)
  • 14:30〜14:45休憩
  • 14:45〜15:15「光コム合成/解析法による超高速光波形計測と分散計測」
    塩田達俊(埼玉大学)
  • 15:15〜15:45「電気光学変調器ベース光周波数コムを用いた超高精度周波数変換技術の創出」
    石澤淳(NTT物性研)
  • 15:45〜16:15「Visible Frequency Comb Generation using a Hollow WGM Resonator」
    ニコーマック・シーレ(沖縄科技大)
  • 16:15〜16:35「ウィスパリングギャラリーモード共振器による光カーコム発生」(一般講演)
    田邉孝純(慶應)
  • 16:35〜16:55「WGM共振器による光カーコムを利用した広帯域可視光の発生」(一般講演)
    藤井瞬(慶應)
  • 16:55〜17:00「閉会の挨拶
    神成文彦
問い合わせ先 佐々田博之(慶應)・田邉孝純(慶應)
E-mail:takasumi@elec.keio.ac.jp